ゼリー状の着火剤の継ぎ足しによる火災にご注意を! -

 

キャンプやバーベキューに欠かせない着火剤

 

着火剤の思わぬ危険と防止策

 

キャンプやバーベキューには今や欠かせないアイテムである着火剤。しかし、使い方ひとつ間違えるだけで大変危険な事故に繋がってしまいます。

その中でも、特に毎年事故が多発しているのがゼリー状の着火剤です。

便利で持ち運びやすく、気軽に使用できるだけに、最善の注意が必要です。着火剤の特徴をしっかりと認識し、安全なキャンプ・バーベキューを楽しみましょう。

 

ゼリー状着火剤の主な特徴

 

成 分

形 態

容 器

 

 

 

メチルアルコール

(別名メタノール)

ほとんどがゲル化剤でメチルアルコールをゼリー状に加工してある

マヨネーズのような柔らかいポリ容器で搾り出すような形が多い

 

メチルアルコールとは?

 

別名メタノールとも言われ、学校等でよく使われているアルコールランプの燃料や、殺菌等にもしばしば使われます。

着火剤等に気軽に使用されますが、発火性が強く、人体に入った場合、中枢神経を冒し、めまいを起こしてしまうケースや、大量に吸入した場合、失明に至るケースもあり、火災や人体に危険を及ぼす可能性がある為、扱いには最大限の注意が必要になります。

 

メチルアルコールは引火点が低い為、「消防法」により規制の対象となっています。

「危険物」に指定されており、ゼリー状着火剤は「第2類 可燃性個体」の「引火性個体」です。

危険等級は最も低い「3」ですが、着火剤は正しく使用しなければ、大変危険だということになります。

 

メチルアルコールや灯油の特徴として火をつけた際「炎が見えにくい」ことが挙げられます。

特に太陽の下では火がついていないように見え、炎の上に着火剤を継ぎ足してしまうことによって起こる事故が毎年多発しています。

 

炎の上にゼリー状着火剤を継ぎ足すとどのような事が起こるのか?

炎の上にゼリー状着火剤を継ぎ足すとどのような事が起こるのか

 

 

事故のケース【着火剤放置の危険!】

 

メチルアルコールの特徴として「揮発性が大きく、引火しやすい」というものがあります。

ゼリー状着火剤を絞り出し、バーベキュー等の準備をしたまま放置すると、着火剤の成分メチルアルコールは蒸発します。

蒸気の重さは空気とほぼ同程度の為、広く拡散し爆発性の混合ガスを作り出し、火をつけた途端に爆発する可能性があります。

 

防ぐにはどうする? (その1)

 

燃えやすい紙などを長いトング等で持ち着火剤の上にかざし、燃焼中かどうかを確認する。一度火がついたら絶対に継ぎ足さないこと。

 

防ぐにはどうする? (その2)

 

着火剤は一度で使い切り、使いかけの着火剤を放置したりしないでください。

また、火の近くに置かないように常に注意してください。

 

使用上の注意

 

着火剤を容器から搾り出したら速やかに点火しましょう。

混合ガスが空気中に拡散し爆発を起こす可能性があります。

点火後は火が安定するまであまり近づかないようにしましょう。

着火剤が燃え尽きないうちは、着火剤が跳ねたりして火傷を負う危険性があります。

火がついていないように見えても着火剤は絶対に継ぎ足さないでください。

炎が大変見えにくく燃焼していることに気づかず、炎の上から着火剤をかけると引火し着火剤容器の内部で爆発が起こる可能性があります。

着火剤は一度で使い切ること。

使いかけの着火剤の容器の中で着火剤が気化し、爆発性混合ガスがたまり大変危険です。

使用中は濡れタオルやバケツにたっぷりの水を用意し、万が一の事故に備えましょう。

 

http://www.amatobu-119.jp/yobo/tyakkazai/Photo/tyakazai-1.jpg http://www.amatobu-119.jp/yobo/tyakkazai/Photo/tyakazai-2.jpg

 

 

 

 

【つぎ足しは危険】

 

炭などに一度火をつけたにも関わらず、「火力が弱い」、「早く調理したい」などの理由や、明るい屋外では炎が見えにくく「まだ燃えていない」と勘違いしてつぎ足す事があります。

着火剤の成分の中には、揮発性・燃焼性が高いものが多いことから、つぎ足し中に炎が大きくなり、着ているものなどに燃え移る危険性があります。

 また、つぎ足した際に火のついた着火剤が飛び散ってやけどをする危険性もあります。

 

【どのような事に注意すれば良いか】

 

 着火剤は使い方によっては危険であることを知っておくことが必要です!

  1 一度火を点けたら、着火剤の「つぎ足し」は、絶対に行わないでください。

  2 着火剤のふたをあけたまま放置しないでください。可燃性のガスを発生させるため危険です。

  3 小さな子どもに使わせたり、子どもの近くでは使用しないでください。

  4 点火の際は十分な距離をとり、近くに水を汲んだバケツや湿らせた布を用意しておいてください

 

 

危険物

 

日常呼ばれている「危険物」には,「毒物」や「劇物」あるいは「高圧ガス」などがありますが,それらの危険性や状態に応じて,それぞれの法令が定められています。

消防法で定める危険物とは,取り扱いを誤ると火災を引き起こす性質があり,20℃,1気圧の環境で液体又は固体の状態にある化学物質です。

(都市ガス,LPGやアセチレンガス等の気体は該当しません)

消防法では,危険物の性質に応じて,下の表のとおり第1類から第6類の6種類に分類して規制しています。

 

私たちに身近なものとしては,ガソリン,灯油,軽油,重油(いずれも第4類,引火性液体)などがあります。

その他にもシンナーや塗料,マニキュア,着火剤などは,消防法で定める危険物に該当するものがあります。

 

危険物の中には,かなり低温でも可燃性蒸気を発生するものがあります。

危険物を取り扱う時は,周囲で火気を取り扱っていないか確認しましょう。

 

天ぷらを揚げるときはその場を離れない

天ぷら鍋による火災は,依然としてあとを断ちません。

天ぷらを揚げるときは,その場を離れないように注意しましょう。

取り扱い時の注意 天ぷらを揚げるときはその場を離れない

消防法では,危険物の性質に応じて規制,第1類から第6類の6種類

 

性質

概要

物質例

第1類

酸化性固体

可燃物を激しく燃焼させる固体

塩素酸ナトリウム

硝酸カリウム

第2類

可燃性固体

着火又は引火しやすい固体

硫黄

マグネシウム

第3類

自然発火性

空気又は水と接触して発火又は可燃性ガスを発生させる固体又は液体

ナトリウム

禁水性物質

アルキルリチウム

第4類

引火性液体

引火しやすい液体

ガソリン

メタノール

第5類

自己反応性物質

加熱,衝撃により,爆発的に燃焼する固体又は液体

ニトロ化合物

アゾ化合物

第6類

酸化性液体

可燃物を激しく燃焼させる液体

硝酸

過酸化水素

 

アウトドアブームが高まる中,メタノールを主成分とするゼリー状の着火剤による事故が発生しています。

つぎたしによる引火・爆発事故,キャップを開けたまま放置したため引火・爆発した事故など,原因は様々です。

着火剤を使用の際は,

(1)一度火をつけたらつぎたししない,

(2)子供の近くで使用しない,

(3)水バケツや湿らせた布などを用意しておくなどの対策をしておきましょう。